自分の買える範囲で中古車を購入しましょう

“新車で車を購入するとなると、軽自動車でも100万円近くのお金が必要になります。これをローンで払うとなると、支払い年数にもよりますが、月々5,000円~1万円の出費が発生することでしょう。

車が趣味の方は問題ないのですが、車を移動手段として購入するのなら、なるべく安いものを選択しましょう。新車ならまだしも、中古車をローンで購入するのは、あまりお薦めできません。

車は、ガソリン代、車検、自動車税、任意保険料と維持費が発生しますし、壊れたり故障すると修理費用がかかります。ローンを支払っている最中に事故にあったり、車を失ってしまうと、ローンだけが残ってしまいます。

最近は、お金持ちも高級車よりは燃費の良いハイブリッド車を購入する傾向が高いです。お金を持っている人は、お金の使い方もきちんとしています。

なるべく安く、自分の懐具合に合った中古車を購入し、日々の生活を犠牲にせず済ませるように過ごすことを目指しましょう。ローンで購入にしなかったことで毎月浮いたお金は、貯めておいて旅行にいくもよし、車が壊れたときの修理費用にするもよし、今後、何かあったときの支えにするのが得策ですよ。”

中古車の購入は、値引きよりもサービスを重視

“新車を購入するときに、値引き額の大きさを重視する方が一番多いでしょう。やはり金額が高いので、言い値で買う人はほとんどおらず、少しでも値引きしてもらおうと努力するはずです。

私も数年前、新車で車を購入しましたが、同系列の車種をPickUpして、どこのメーカーで買うと一番安くなりそう直接ディーラーにって見積もりをして、その結果を元に購入しました。オプションも必要最小限にしましたし、流行の電動スライドドア(ミニバンを購入しましたんで・・)もつけませんでした。車の下取りもあり、最終的には200万円前半で購入できたので、非常にお得な買い物をしました。

さて、中古車を購入する場合、値引き交渉するのは得策でしょうか?正直、私も何台か中古車を購入したことがありますが、値引きしてもらえたことはありません。交渉が下手だった、というのは置いておいて(笑)、下取り車がある場合は、その分値引きをしてくれますが、それ以外となると、難しいでしょう。

ですので、私のように交渉が上手ではない人は、中古車を買うときに、なるべくサービスしてもらいましょう。タイヤやバッテリーなどの消耗品の交換や、車に乗ったら欲しいと思うカーナビやオーディオの取り付けなど、自分でお店に行って買うよりもサービスしてもらえるものは、サービスしてもらいましょう。”

なるべく購入後の故障を少なくする中古車の買い方

中古車を購入される方が一番気にされるポイントは、購入後の故障でしょうか。

一番重要なバッテリーは大抵、購入時に新しいものをつけてくれるはずですが、そうでない場合は新品交換をサービスしてもらいましょう。バッテリーは2年毎に交換しておいたほうが無難なものです。温度変化にも影響を受けやすいですし、エアコンを酷使するシーズンは消耗も激しくなります。

次にタイヤ。当然、スリップサイン(タイヤ交換の目安です。タイヤの横側で路面と接触する部分に近いところに”△”というマークがありますので、そこの部分のタイヤの溝を確認しましょう)が出ているようなタイヤは最初から交換してもらいましょう。タイヤにひび割れがあったり、タイヤのついている場所によって溝の減り方が違う場合も同様です。

その他に重要なのがベルトです。私が中古車を以前に購入してトラブルに合ったのがベルトでした。エンジンの回転力を利用して、実にいろいろな機器が動作しています。発電機もそうですし、エンジンの動きを決めるタイミングベルトというものあります。

エンジンとそれらの機器とはベルトでつながっており、これが切れるとエンジンがかからなかったり、タイミングベルトが切れると走行中に突然エンジンが止まります。最近はチェーンを使っているメーカーもあるので、切れにくくなっている車種もあるようですが、必ずチェックしましょう。

中古車を選ぶときの落とし穴、走行距離

中古車を選ぶとき、多くの人が気にするポイントは、値段を除くと「年式」と「走行距離」でしょうか。

高年式になると、故障が多いんじゃないかとか、走行距離が長いと10万キロになったらすぐ次の車に買い換えないといけない、という不安がよぎるはず。昭和の時代あるいは平成の初期にに作られた車は、既に、製造されてから25年前後経過しているので耐久性に問題がある可能性があります。

しかし、それ以降に製造された車は品質も向上し、20万キロは走行できるように作られている車が多いはずです。ですので、走行距離は目安程度と考えておくのが良いでしょう。

よく言われているのが、製造後の経過年数に1万キロを掛けたものがその車の走行距離の目安です。これを大幅に超えているか、あるいはかなり少ないかによりオーナーだった人の乗り方がわかります。それを踏まえて車の中を見ていけば良いのです。

走行距離よりも重要なのが、メンテナンスの記録です。中古車で購入するわけですので、前オーナーがちゃんとメンテナンスしてきていれば、すぐに故障する確率はかなり少ないはず。走行距離を目安にして、メンテナンスの状況を確認することが重要ですよ!

中古車で買う車のランクとグレード

車を購入されたことがある方は既にご存知だと思いますが、車にはランクとグレードというのがあります。

ランクは単純に、車の価格帯で分かれているもので、高いものが高級車、安いものが街乗りなどの近距離移動を主な目的とした車になります。高級車は、車の内装も豪華で、走行時の音も非常に静かですが、安いものは現実的な内装になっていますので、普段の生活を支える車なので質素な感じですので、高級感とはやや無縁でしょうか。

それぞれの車種の中には、グレードによる違いがあります。オプション装備が全てついているものや、ディーラーごとの特別車、塗装が別仕様など差異化を大きくしたものが上級グレードです必要最小限のオプションしかつけないのが、低いグレードとなります。

中古車を選ぶときに、ランクとグレードを良く考えて選ぶと賢く中古車を購入することができます。例えば、高級車の低グレード品と、中級車の上級グレード品があれば、後者を選ぶべきでしょう。ランクが低いので価格的に安くても、グレードが高いので高級車の低グレード品に比べ内装が豪華です。ランクとグレードを良く見て車を選びましょう。

中古車で目移りしてしまったらどうする?

よく、お昼ご飯を食べるときに、「今日は、カレーライスにしようか、うーん、ハンバーグ定食も捨てがたい」と迷っている人がたまに居ます。メニューをそれほど気にしていない人は日替わり定食にします。優柔不断とまでは言いませんが、内容によっては判断がすぐにできない人、そもそも物事の判断が遅い人というのはいるはず。

例えば、そんな人が中古車を買うとなると、どの車種にするのか、あるいはどこで買うのかなど、いろいろなところで迷うはず。中古車とはいえ、費用はそれなりにしますから、買ってしまってから後悔すると困るので、余計に迷いが大きくなります。そんな人向けに、車種で迷ったらこうするといいですよ、という方法が紹介されていましたので、簡単に説明しましょう。

まず、車に対する判断項目をいくつか挙げます。燃費、税金の金額、お店でのサービス、走行性能、デザインなどでしょうか。迷っている車種について、それぞれの項目について10点満点で点数をつけ、全ての点数を車種ごとに掛け算します。そして、掛けた結果を、車の値段で割って、一番大きな数値になった車を自分の気に入り度に対して金額が適切という見方をして選定するわけです。

買いたい車に迷いがある方は、是非この指標を使ってみてください。

お値打ちゾーンの中古車はあるの?

ネットでいろいろ調べてみたら、「中古車をお値打ちに買いたい」ということなら、排気量が1800~2000ccのセダンがお薦めのようです。このあたりの排気量の車種は意外と多いのですし、セダン自体、いろいろなメーカーから販売されているので車種も豊富。

人気/不人気の境界線がはっきりしているため、中古を考えているのなら狙い目なんだそうです。中古車として販売されているものでも、人気車種はやはり値段が高めなのですが、不人気車種は値落ちが激しいそうです。

セダンは、年配の方が大切に乗っていることが多いので、年数の割には程度もよく、きちんと整備をされているという点が、お薦めの理由なんだそうです。セダンだけの現象かもしれませんが、人気車種でも、7~8年経過すると、新しさが無くなり、大幅に値段が下がる傾向にあるそうです。

セダンを購入したい方あるいは、車種は問わないのでおねうちな車を購入したい人は、中古車販売店の店頭、あるいはネットでお値打ちな価格帯の車種を調べてみてください。きっと、買いたい車が見つかりますよ!

デザインが気に入った車を年式にこだわらず中古車で買う

服や靴、かばんなどのデザインと同じく、車のデザインも流行があります。丸みを帯びたデザイン、角がとがったようなデザイン、直方体に近いデザイン、時代によりさまざまです。ですので、誰しも気に入ったデザインというのがあるはず。

そういう車を年式に関係なく中古車で探して、購入するというのも、長く乗る秘訣かもしれません。新車で購入すると、「10年は乗る」、という目標を持っている人も多いはずですよね(私もそうです)。しかし、気に入ったデザインの車でないと、最終的には途中で手放してしまうかもしれません。

購入した車と、長く、そして飽きずに乗るのには、どれだけ自分が気に入って購入したのかにかかっていると思います。年式の古い車は、個性的なデザインのものも多く、メンテナンスも大変ですが、そういう車の修理もできるような中古車販売店を選んで、実車を見て、試乗してから購入してみましょう。

愛着があるものほど、故障が多くてもかわいいと思い、結局、長く乗ってしまうはずです。

中古車を買うときは、必ずお店で現物を見て試乗しましょう

新車を買ったことがある方はご存知の人も多いと思いますが、見積もりを取るだけでなく、なるべくなら、試乗してから判断すると、買ってから後悔することがほとんどありません。新車ですから、試乗した車を購入することはありません。

ですが、乗り心地や、運転のしやすさ、内装の状態などは、実際に運転してみないと自分の予想していた通りのものかどうかはわかりません。中には、自分には必要の無い装備があるかもしれません。そうなれば、オプション設定されていれば、装備からはずしてもらうことで値引きできます。

中古車の場合、オプションをはずすというのは無理ですが、新車同様、試乗するべきでしょう。製造年数からどのぐらい経過しているか次第ですが、シートがへたっていたり、使えると思っていた機能が動かなかったり、重要あるいは気に入ったな機能、たとえばフォグランプが切れていて実はつかなかったりといった、車に乗ってみるとすぐにわかる不具合が必ずあるはずです。

中古車の場合、購入前に不具合を指摘して、修理してもらわないと、購入してから自分で修理することになります。無駄な費用がかかってしまいますので、必ず試乗しましょう。

中古車を買うなら軽、それとも普通車?

先日、私の会社の都合で車通勤に変わりました。事前に会社から案内があるのですが、我が家には1台しか車が無く、妻も利用するので、公共交通機関プラス自転車か原付で通勤できないか検討しました。

しかし、無理という結論になり、車を購入することになったのですが、予算がほとんどないので、中古車を購入することにしました。ここで問題になったのは、通勤距離。自宅から片道約60kmを毎日通勤するとなると、あまり走行距離が伸びていない車が良さそうです。軽自動車の方が税金の面では安そうですが、軽自動車の中古で走行距離がそこそこのものとなると、50万円以上するのが一般的なようで、ちょっと手が出ませんでした。

そこで、中古の普通車を購入することになりました。知り合いの中古車販売をされている方にいろいろ探してもらい、最終的には走行距離17,000kmで8年落ちぐらいの中古車を見つけました。利用しているのは高齢の方で、近所への移動に車を使っていただけだからそれほど走行距離が伸びなかったそうです。

税金の面では軽自動車が有利ですし、安い中古の軽自動車もあります。走行距離が問題になるかどうかで、どちらにするか良く考えて判断するのが重要だとわかりました。税金面で困ったときは参考にしてみてください。